食品分析ってどんな仕事? 業務内容や求められるスキル

派遣のお仕事においても、理系の職種にはさまざまなものがあります。

求人募集などを見ても、どんな仕事内容なのかピンとこないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、理系のお仕事のなかでも「食品分析」に注目し、業務内容や求められるスキル、やりがいについてご紹介いたします。

職場選びの参考にしてみてください。

食品分析とは?

食品分析とは、食品中に含まれる成分について調査を行い、食品の安全性などを確認するお仕事です。

食品のパッケージに表示されている、原材料や栄養成分のほか添加物など多くの情報が記載されています。

それらの表示の整合性など、人体に悪影響を与える物質が含まれていないかどうかなどについて検査を行い確認します。

日本では「食品表示法」において、販売される加工食品の原材料名や栄養成分などの表示することが義務付けられていますが、表示されている情報が常に正しいとは限りません。

消費者の健康被害を少しでも減らすために、食品分析を行い、表示されている栄養成分の情報が適切なのか明らかにする必要があるのです。

食品分析のお仕事は、これらについて分析して確認することで、消費者の食の安全性を確保するという役割があるのです。

食品分析の業務内容

食品分析には、栄養成分の含有量の分析のほか、添加物や残留農薬などの検査なども含めてさまざまな種類があり、食品分析を行う対象によって、実際の業務内容は変わってきます。

また、一般的な加工食品のほか、健康への効果を求める「特定保健用食品」や、病気を抱える人に向けた病者用食品や、乳幼児用の調整粉乳などといった「特別用途食品」についても、食品分析を行う対象となっています。

調査の対象となるのは、すでに販売している食品だけでなく、これから販売する食品に対しても行います。

食品分析に求められるスキル

食品分析は技術職となります。仕事に携わるにあたって必要となるスキルは、業務内容などによって異なりますが、理化学系の学校で学んでいるのが望ましいとされています。

実務経験がある方が有利とはなりますが、サポート的な業務であれば、未経験者の派遣スタッフでも募集されています。

採用に伴って必要となる知識は、栄養学・理化学の知識、食品表示法や食品衛生法などの法律や規定です。

食品分析の仕事では、専門用語や業界用語が多く用いられる傾向があるので、知識として備えておくとよいでしょう。

また、あると役立つ資格としては「栄養士」の資格が挙げられます。栄養士の資格を所持していれば、就職や転職でも有利に働くことが期待できます。

食品分析の仕事についてご紹介しました。

食品分析の仕事では、同じ作業を繰り返し行うことが多いため、コツコツと丁寧に行うことができる根気のある探求心のある人が向いています。

また、検査を行うなかで判断力も求められるでしょう。

研究開発職のお仕事ならRDサポート人材派遣

RDサポート人材派遣は、食品・医薬品・バイオ・化粧品業界の研究開発職に特化した派遣会社です。理系大学出身者や管理栄養士などの資格を持つキャリアアドバイザーや担当営業があなたの転職活動を応援します。

理系女子の様々なライフスタイルやキャリアステージに合わせた転職サポートが強みです。現在転職を考えている方はもちろん、今のお仕事を続けていくべきか悩んでいる方、初めての転職で不安な方も、まずはRDサポートのキャリアアドバイザーに相談してみませんか。

派遣登録をして
転職の相談をする